images
1: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 02:05:31 ID:JOWtNSJn0
たったらだらだら書く

3: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 02:12:40 ID:JOWtNSJn0
おう、たったな
話は大学に入学した頃にさかのぼる
その頃の俺は大学生になると自然に友達ができると思っていた
もちろんそんなはずはなく順調にぼっちになっていった
ゼミで多少話すやつがいたけど
いつの間にやら言葉を交わすことがなくなった
そして本格的にぼっちに仕上がってきている頃だろう
気づくことくらい簡単だったはずだけど
当時の俺はそんな現実を無視して
ただただ友達ができるのを待っていた

2: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 02:11:22 ID:63LadyqE0
はよ

4: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 02:18:41 ID:JOWtNSJn0
友達は待っていてできるものではないと今では思う
けどこの時の俺はそんなこと微塵も思ってなかった
そして入学から2ヶ月、キャンバスにようやく慣れ友達ができて周りが充実する頃
俺はやっと友達がいないことに気づいた
時すでに遅し、とはよく言ったものだ
どうやったら友達ができるのかさえ
俺はわからなくなっていた

5: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 02:20:54 ID:JOWtNSJn0
と、眠いのでここまでにしとく
また夜にでも書く

6: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 02:22:30 ID:63LadyqE0
もう終わりかwww

乙、ちゃんと続き書けよ

7: 【Dnews4viptasu1370011209787483】 本日の利用料 625円 2013/06/07 02:24:25 ID:iAL99mPr0
また、じらすのか…

9: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 02:35:36 ID:JOWtNSJn0
>>8
なんだ似たような体験したやつでもいるのか?

寝れないし続きを書こう

10: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 02:41:19 ID:JOWtNSJn0
まぁ、なんだ
それで俺は講義棟と講義棟の間の道の先にあるでっかい木の下のベンチを憩いの場とした
ぼっちだけどな
駅に向かう裏道として利用してるやつがちょくちょく通るくらいでぼっちの俺としては気が楽だった

11: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 02:46:07 ID:JOWtNSJn0
講義がなく空いてる時はそこにいた
なんだろうな、落ち着くんだよこれが
ぼっち打開策を考えたり昼食をとったりするだけで
もちろんのごとく友達はできなかったけど
だってほらぼっちで食堂って嫌じゃね?
その時に俺はよくトマトジュースを飲んでたんだよ
食後のトマトジュースがいつしか食後じゃなくても飲むようになってた、そういう感じで

12: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 02:48:51 ID:ui+nV+p00
現役大学生の俺には実にタイムリーなスレ
なおニート学生の模様

13: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 02:53:44 ID:JOWtNSJn0
で、そんな生活が1ヶ月続いて夏休み目前
友達がいないままバイトに明け暮れる夏を覚悟した
だってできないんだもん仕方がない
その現状に妥協するしかないと思った
そんな日もトマトジュースは欠かせない

14: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 03:00:36 ID:JOWtNSJn0
一日、また一日と時は流れた
この夏休み目前の俺はもうぼっちに慣れてきていた
友達ができないかを考えたり
友達と過ごす夏を考えるより
俺は憩いの場で暇つぶしに読書をするようになった
それが影響してか物語を書くようになった
iPhoneのメモに物語が溜まっていった
そして俺は家にいる時も書いた
必然的に寝不足になってくる

15: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 03:08:09 ID:JOWtNSJn0
そしてその日、俺は寝不足がたたってか
疲労困憊とも言える状態だった
そんな疲れきった俺はトマトジュースではなく大学内のコンビニで買った有名なエナジードリンクを手に憩いの場にいた
するとあろうことか声をかけられた
「隣、いいですか?」って
しかも声の主は女子だった
うとうとしてた俺は現状がつかめず
「あ、はい、どうぞ」としか言えなかった
俺はエナジードリンクを飲み干してからやっと事の重大さに気づいた

16: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 03:08:48 ID:JOWtNSJn0
そろそろマジで寝る
続きはまた書く

17: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 03:12:34 ID:ui+nV+p00

楽しみにしてる

18: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 04:03:34 ID:laWMjXK7O
トマトジュースは塩が入ってるから毎日飲むと塩分過多になる

21: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 08:40:37 ID:NPZLhLO90
>>18
塩入ってないのもある
美味い

19: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 07:07:04 ID:GXpwQaKt0
よし、リコピン摂取してくる

20: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 07:23:37 ID:0Z/PvRMC0
ほしゅ

23: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 09:07:41 ID:STGejk4b0
理想のトマトおいしいよ

25: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 09:11:49 ID:laWMjXK7O
トマトジューススレになっててワロタ

最近はバヤリースのやつ飲んでる

26: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 10:56:51 ID:STGejk4b0
コーラ好きすぎて就職決まった奴のシリーズか?

30: 忍法帖【Lv=7,xxxP】(1+0:8) 2013/06/07 19:46:13 ID:9XorkiT30
トマト用意した

31: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 22:29:13 ID:RF5u+the0
なんかすんげー見たことあんなこの展開。
缶コーヒーとかそんなんだった気がするけど

32: 名も無き被検体774号+ 2013/06/07 23:33:12 ID:ui+nV+p00
>>31
確かに既視感は否めない
だが例え釣りだろうとしても全力で釣られてやる
なぜなら俺のトマトジュースがそう叫んでいるから

33: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/08 00:42:03 ID:Ef6Y2B2e0
意外と伸びてるな
似たような体験したやつがいるみたいだが
それはそれですげーな
この時間帯しかこないつもりだから
ゆっくりまったり書いていくつもり
それでよければ最後まで読んでくれ
ID変わるだろうから酉つけとく

34: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/08 00:45:22 ID:Ef6Y2B2e0
で、続きなんだが
気づいたからといって
素直にあなたどちら様?
なんて聞けるはずもないし
ましてや今日はいい天気だねって
微笑みかけるのもおかしい
考えることわずか2秒
結局何も考えなしで口が動いていた
「あの、トマト、好きですか?」
結果わけのわからん事を言っていた

35: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/08 00:49:18 ID:Ef6Y2B2e0
ここで初めて女子の顔を見たのだけれど、可愛い
芸能人に詳しくないから例えようもないのだけど
強いて言うなら鳥居みゆきを優しくした感じだろうと思う
俺のさっきの発言でぽかーんとしてたけど
返された言葉は
「トマトは、まぁ好きですよ」
「そういえばよくトマトジュース飲んでません?今日は違いますけど」
見られていたのか、トマトの話題なんか振るんじゃなかったと後悔した

37: 名も無き被検体774号+ 2013/06/08 00:55:36 ID:bxSZJp990
ここで声をかけれるからすごいよな

39: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/08 01:01:19 ID:Ef6Y2B2e0
>>37
俺も驚いたけどな
よくよく考えたらベンチは小さいわけで
そこにカバンを置いてたら座るに座りにくいだろうし異性だろうし
理由は意外とあったなって思う

38: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/08 00:57:51 ID:Ef6Y2B2e0
「えっと…はい、寝不足でして」
「トマトジュースじゃないのはそれが原因で、だからといってトマトジュースが好きというわけでもなくて」
自分でも何が言いたいのかわからなかった
というより言葉の紡ぎ方がわからなかった
「好きじゃないんですか…」
何か言いたげな表情で見つめられた
「どうして好きじゃないのに飲んでるんですか?」
至極当たり前の事を聞かれた
会話が途絶えないのはいい事だが初対面という事を忘れてやしないか?と思っていた

40: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/08 01:11:17 ID:Ef6Y2B2e0
「その…なんと言うか、習慣になったって感じです…」
「だんだんと日常にトマトジュースが溶け込んでいく感じです…すいません、わからないですよね」
小難しく伝えるつもりはなかったが言葉にできなかった
「日常に、溶け込む…ですか」
何をそんなに考えこむのか
俺にはさっぱり理解できなかった

41: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/08 01:19:08 ID:Ef6Y2B2e0
「わかりにくくてすいません、僕はそろそろ戻ります」
家にじゃない、講義にだけど
「あっ、いえこちらこそすいません」
「私がいてくつろげませんでしたか?」
はっきり言ってその通りで講義室で持て余す時間ほど苦痛なものはない
だけどさすがの俺もここで本音を言うほど馬鹿じゃない
「そんなことなかったですよ?」
「しゃべるのは久しぶりでしたし楽しかったです」
「また見かけたら他愛ないお話でもしてください」
別にイメトレしてたわけでも
アドリブが瞬時に思いつく能力があるわけでもないけど
俺はさらっと言ってのけた、はず

42: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/08 01:28:40 ID:Ef6Y2B2e0
正直、我ながらカッコよく言えたと思った
そしてさっと立ち去る俺
「…あのっ!」
5歩くらい歩いたころに呼び止められた
「まだ何かあります?」
クールさを崩さないあたりなかなかよかったんじゃなかろうか
「えっと、その…また会えたとき…」
会うことなんてないだろうよ
どこまで社交辞令を引っ張るんだよ
「…なんでもないです!ではまた!」
もどかしい気分になりはしたが
よくよく考えると名前や学年までも知らないのだから関係ないか、で済ませていた

43: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/08 01:30:07 ID:Ef6Y2B2e0
今日はこの辺で
日曜の夜にまた書く、かな
それまであれば、だけど

45: 名も無き被検体774号+ 2013/06/08 01:32:35 ID:te1Mo+bW0
>>43
よんでりゃわかるんだがでも「」の前にトマトやら女やら書いてくれると読みやすいと思う
乙。明日また楽しみに待ってる

44: 名も無き被検体774号+ 2013/06/08 01:32:07 ID:Na56L04n0
焦らすねぇ
待ってるよ

46: 名も無き被検体774号+ 2013/06/08 01:46:11 ID:BLwWDoO60
続き期待しとるけ頼むで

48: 名も無き被検体774号+ 2013/06/08 09:56:30 ID:ke3f44da0!
君は気付いただろうか。
そう、途中から彼のiPhoneのメモ帳の物語になっていた事に。

まあ細かい事は気にせず④

49: 名も無き被検体774号+ 2013/06/08 10:49:39 ID:te1Mo+bW0
野暮なこと言わねーよーにしようや
とか言いながら保守

54: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/09 23:19:17 ID:WSJRus5C0
昨日書くつもりだったが
今から書いても大丈夫だろうか
とりあえずは書いていくつもりだけど

55: 名も無き被検体774号+ 2013/06/09 23:20:59 ID:oWBdbQ710
はよ続き

56: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/09 23:23:23 ID:WSJRus5C0
まぁそんなこんなでいつもの日常に戻るわけで
あいもかわらず俺には友達がいなかった
もうすぐ夏休みなのに、だ
そろそろ夏休みで外は暑い
憩いの場といえどそれは例外ではない
そこで俺は図書館で暇つぶしをしようと考えたのだ

57: 名も無き被検体774号+ 2013/06/09 23:24:06 ID:YU3kWsWx0
1年からゼミあんのか

60: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/09 23:28:30 ID:WSJRus5C0
>>57
本格的なものではないし
2年から始まるゼミに慣れておきましょう
そんな感じのやつなんだ

59: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/09 23:26:59 ID:WSJRus5C0
思った通り図書館は過ごしやすい
大学内で過ごす時間が図書館
友達といるわけでもなく1人
こんなことでいいのか、とさえ思わなくなってきていて
いうなれば1人に慣れてきていた
そして、夏休みになっていた

61: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/09 23:34:54 ID:WSJRus5C0
友達のいない夏休みは長かった
何せ何もすることがない
小説ばかり読んで肌が小麦色になることもなく
夏を満喫することもなく気がつくと
夏が終わっていた、そんな夏

62: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/09 23:41:17 ID:WSJRus5C0
友達がいようがいよまいが夏は始まり終わる
一緒に履修登録をする友達もおらず
夏が終わってまた学校が始まる
友達がいない俺は講義にフルで出席すり、ほどの真面目っぷりだったから
講義や単位に関しては問題はなかった
そして休みに慣れきった体が落ちついたころ久しぶりに俺は空き時間に憩いの場へ行ってみた
漫画や小説ならここであの話しかけてきた女子がいるのだろうけどそんなことはない
現実は甘くないのだ

63: 名も無き被検体774号+ 2013/06/09 23:43:17 ID:8z0sDr3t0
中々読み易い

64: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/09 23:44:45 ID:WSJRus5C0
そして何日か経った頃
いつものように講義にでる俺
その日は後ろのほうの席がうまっていて
真ん中あたりの席に座っていた
もちろんのごとく机に突っ伏して
すると肩をトントン、と叩かれた
「…あの」小さな声とセットで

65: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/09 23:53:16 ID:WSJRus5C0
顔をあげて後ろを振り返った
あの女子だ
俺は理解が追いつかなかった
なんで?また?覚えていた?偶然?
いろんな事が頭をよぎる
言葉がでない
「よかった、トマトジュースの人だ」
俺は全くよろしくない
「あ、はぁ…」
俺に何用だよ
「講義始まるとアレなんで次、空いてますか?」
えっと、何が?って感じですが
「まぁ、空いてるには空いてます」
だからなんだと言うのだ
「よかったらまたあそこでお話ししませんか?」
こういうのはイケメンだけじゃないのか
「はぁ、えっと、かまいません、が…」
だが断れよって感じだろうけど
行動が理解できないだけでいい人っぽいし断る理由もなかった

66: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/09 23:58:08 ID:WSJRus5C0
「よかったぁ~では待ってますね」
同じ講義なんだから終わるのは同じ時間だろうよ
「え、ええ、はい」
しゃべり方にコミュ力のなさがにじみ出てると思うけど
当時はまさにこんな感じだった
そしてその講義に集中なんてできるはずもなく
どうしてこんな俺なんかに?ばかり考えていた

67: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/10 00:04:58 ID:WSJRus5C0
で、講義も終わり俺が憩いの場に行くと
あの女子はいなかった
まぁすぐに来たのだけれど
「すいません、またせちゃって…」
いや待ってないのだけど
「いえ、大丈夫です」
いったいこの俺に何用なんだ
「あっ、今日はトマトジュースなんですね」
だからなんだよ
「今日は、はい」
いやでそれだけなのか?それだけならお話しにすらなってないと思うが

68: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/10 00:09:27 ID:rlybyS0f0
「そうです、私!聞きたいことがあったんです」
「友達ってなんなんでしょうね」
トマトジュース関係ねぇのかよ
というかそれ俺に聞くか?
「…」
俺は少し黙ってしまった
「えっと…人それぞれ思う友達の形があると思います」
「でも私にはそれがよくわからなくて、きっと君ならわかるんじゃないかって」
それは間違いなく人選ミスだ

69: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/10 00:13:29 ID:rlybyS0f0
「トマトジュースの話を聞いてなんとなくそう思いました」
ご都合すぎないか?それは
「えっと、俺には友達がいないです」
「一緒に話したり悩んだり愚痴ったりそんな事さえできてないんです、大学生になって」
「そんな俺に友達なんてわかるわけないじゃないですか」
最後だけ少し強い口調になってしまう
「友達が…欲しいとは思わないですか?」
その女子はなんとも弱々しく聞いてきた

70: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/10 00:19:40 ID:rlybyS0f0
「そりゃあ…思いますよ、でも…」
言葉に詰まる
決して誰が悪いわけでもない他ならぬ俺が友達を作ろうとあがき、もがくこともなく
結果諦めてしまった、それだけの話
「私は大学生になって少しなりと友達ができました」
「友達ができるか不安だったのですごく安心しました」
「でもその友達と関係を深めようとすると私自身つかれてしまうんです、きっとその友達もつかれちゃうと思います」
俺にとっては贅沢な悩みだ

71: 名も無き被検体774号+ 2013/06/10 00:28:47 ID:rlybyS0f0
眠いし今日はここまでにしようかな

72: 名も無き被検体774号+ 2013/06/10 00:46:53 ID:FAbUcVWf0
乙!
面白くなってきた!
また待ってる

73: 名も無き被検体774号+ 2013/06/10 01:03:57 ID:DryyeJlh0
待ってるよ

74: 名も無き被検体774号+ 2013/06/10 01:05:38 ID:NJ1bP+lE0
今北産業

75: 名も無き被検体774号+ 2013/06/10 01:14:39 ID:s8c81A+I0
>>74
毎日ひとりで
トマトジュース飲んでたら
女子が接近してきた

77: 名も無き被検体774号+ 2013/06/10 13:45:30 ID:TpZJlO/f0
俺毎日食後のデザートにトマト食ってんのに、下痢しかせんわ

78: 名も無き被検体774号+ 2013/06/10 15:18:29 ID:jAbaKRMy0
カフェオレの話書いたやつだろ

80: 名も無き被検体774号+ 2013/06/11 00:25:55 ID:CArnlKER0
似たようなやつがいたみたいだが
それはそれで気になって仕方ないな
それはそうと書くか

81: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/11 00:27:12 ID:CArnlKER0
うっかり酉を忘れてた

82: 名も無き被検体774号+ 2013/06/11 00:28:21 ID:P0AC30nO0
続きはよ

83: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/11 00:29:42 ID:CArnlKER0
敬語は書いてるからこうなるだけで
本当はもっとフレンドリーな会話だったはず
当時友達がいなかった俺が言うのもアレだけど

84: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/11 00:33:50 ID:CArnlKER0
で、その女子は続けた
「かといって友達がいなくなったり今の関係が薄れていくのも寂しいじゃないですか…」
全くもって贅沢すぎる
「そんな時にいつも1人でいる君を見かけて、トマトジュースの話を聞いて…」
俺は言い切る前にさえぎった
「贅沢なんですね、俺には友達がいないのに」
その女子にとって悪気がなかったように
俺にだって悪気があって言ったわけじゃない
ただこのままだと俺がバカみたいじゃないか

85: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/11 00:46:51 ID:CArnlKER0
「そ、そんなつもりじゃ…」
さすがに申し訳なさそうにしていた
「どっちにせよ俺には友達がいない、でも君にはいる」
「それぞれの悩みはあると思う、でもそれを俺に相談ってのはおかしな話だ」
「友達がいない俺からすれば無責任すぎる、それに自分が考えなきゃいけないことだろ?」
「友達か友達じゃないかの線引きなんて曖昧なもんだと俺は思うしそれに悩まされてもいる」
なんでこんなに反論しているんだろう
もうどうでもいい事なのに

86: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/11 00:54:20 ID:CArnlKER0
「そう、ですか…そうですよね!」
俺の反論を聞いて少し間を置いたあと
少しの笑顔を見せてそう言った
「ということで、私の友達になってくれませんか?」
一瞬、耳を疑ってしまう
「えっ…?」
我ながら情けない言葉を声にしてしまった
「だから君と友達になりたいの!君ってなんか面白そうだし?君の思う友達ってのが気になったから」
今だに理解が追いつかない

87: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/11 00:58:35 ID:CArnlKER0
気づくと俺はもう答えを口にしていた
「えっ、あぁ、はい…俺で、よければ」
と、いった具合にその女子(名前は最後まで書かなかったが)と友達になって
そっから共通の友達や他の友達もできて
リア充になっていたってお話しだったのだ

88: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/11 01:02:40 ID:CArnlKER0
薄々気がついている人はいるだろうが
オチは?そう思うんじゃないだろうか
オチなんかないので近況報告かな
最近は友達もそれなりにいて
よく遊ぶんだがほんの最近まで
釣りがブームだったかな
時間をかけて粘って俺もやってみたよ
ってことくらいかな?

89: 名も無き被検体774号+ 2013/06/11 01:05:29 ID:KTxWcPDK0
ずっとその子が彼女になると思って読んでたのに!
好きな人か彼女はいないの?

91: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/11 01:07:22 ID:CArnlKER0
>>89
俺はまだ2回生だけど彼女はいるよ
似たような経緯で知り合ったのだけどね
それはまた別の話
ちなみに大学の憩いの場のモデルは実在するという小ネタ

92: 名も無き被検体774号+ 2013/06/11 03:02:57 ID:xqgSnaGa0
>>91

お前の本当のほうの話聞かせろよ

94: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/11 06:07:52 ID:CArnlKER0
>>92
それに関しては書いてもいいが
2日ほど来れないのでね…
気が向いたらまた別にスレたてて語らせてもらうよ

90: ◆X0JVEIdZ2n2w 2013/06/11 01:05:30 ID:CArnlKER0
くぅ疲
ってことで、みんな薄々気づいてたみたいでちょっと残念だった
なかにはカフェオレのことまで覚えてくれてたやつもいて驚いたよ
アレも、俺でした
前回のカフェオレよりはましなんじゃないかな?と、俺は思うのだけど

96: 名も無き被検体774号+ 2013/06/11 06:24:11 ID:xqgSnaGa0
ここは落とすのね了解
ほんとの話楽しみにしてる
乙ノシ

デルモンテ 食塩無添加 トマトジュース 900g×12本デルモンテ 食塩無添加 トマトジュース 900g×12本


キッコーマン
売り上げランキング : 41

Amazonで詳しく見る by AZlink